体得した非典型的な南京つかれると素朴な高淳下町だった

A-A+
dgperson.com 南京 観光
体得した非典型的な南京つかれると素朴な高淳下町だった

高淳下町でこのようなきれいなシンプルな一条下町で、意外にも恵まれ半分満天施工ほこりの半分に过ぎから美の南京城満川の郊外にあります。

生きていると、いつか私きりがないようなことも——例えばドイツのレストランで、点1本(0 . 75 lのワインより時3杯0 . 25 lのワイン贵に少なくとも1人生な3、原因は完全になったワインが台の面にはもっと気のメンツがです;例えば谁かとの縁はハ経秋定まっていない冬、地唄だし、あるハルヒの夕方にたまに出会って、相手のくしゃみ呈ので飽満深まっているからではなく、私はその時になってようやく意识は私はその亲爱なる友达、この春の花粉症で細々としかない体質;たとえば私を信頼することは、高淳下町でこのようなきれいなシンプルな一条下町で、意外にも恵まれ半分満天施工ほこりの半分に过ぎから美の南京城満川の郊外にあります。

手作業で楽しもうと、いきませんね二に留まる

800メートル前後で、下町鷲羽山ごとに1つの朝街の门脸はすべて店舗をやっていますか大や小さな商売をする。亭主たちは淡く微かに安置されていい阖家末っ子の朝食が、自宅の庭があり、午前9時になってようやく无精水揚げ店の一つ、扫除の门木(入店している。下町特産物は鴨足バッグ、鴨足の脚心奥を包まれて一枚の鴨心で、店用鴨腸が鴨つめ鴨心くるむ抱き締めててく、そのまま乾かす。

多くの店ででも売って、鴨足包连成10匹房、大冢爱(18元、小さな串15元で、零細商売をする。亭主会が推薦おまえの持ってそれで焼きスープを食べた。玄関先でもあるお店の人の警備を担当していた小さな風炉、降って鍋一つ鴨足バッグやカモはばたいて時々ぷうぷうと煮込み、鴨足バッグ精瘦つやつやして、とても綺麗な子だった。こないだ、味を买ってきて甘くても、典型的な苏南ま。

小さな店、間口極小の、供えられて様々な虎头鞋店の壁に、近くに、透明なセット骨惜しみを閉鎖して1ページの分量で、新聞のためには、大きなが紹介されている。この店の虎头鞋に着陸するまでには、老婆の小照付着しなければならない。店の奥を不思議そうに北朝鮮を眺めていた、と老婆を暗ましだった。この小さな靴屋の对街から遠くないとしているのは、小説の梅家靴屋にしなければならない。店头が広々し、各種の手作り檐上筑様式を买うのは、客の足が絶えない。形容やせた老着陸を囲んで白いエプロンをかけた目つき、頭に専念できるように速かった作業に乗り出したのだ。「息子よ、屋外最も至急な、なんとなくは良い靴ね」——当年老着陸の子供たちにすればいい」と北朝鮮を漂っているあるいは海を漂っているの心はきっと、このは彼らが言っていただろう。

下町もうすぐ果て、だけをいため水揚げ朝店で面会時間、年老いた職人を借りて太陽の光が手にした桶を染めて磨いておがくず舞い上がる。すべてはなぜ门木水揚げだったのだろうか。1つは必要はないかもしれないきちっと厳しい、今日調理し终で最後の樽はくさ、第二はょくぶんか闭める前の最後のお客さんを迎えた小さな望みがある。自分を察し、思い描」えを続けてきた。

下町店舗の多くは、ポケットサイズの前店、売れた多くは同社製自制されなかった。地元産の高城(コソン)湖のカニを、半分ぐらいの大きさは、掌を涂る中にジャージャー、マッサージ時椒とは、一言で言って、下町の良い物を自分勝手亭主たち自ら漬物を抱えこみ漬け又一の缶が店内で并べたて整列し又休める方もあろ。大多数の店でもあります。手作業で豆干で販売され、用真空销售パッケージはとてもそれらしい様子だった。伝統餅菓子はもちろんぶんぶん、芙蓉のモチ、フェイス仁餅、あるいは云片糕置かを买ってきてさげの無いチーズスイートホしとしとと降る、云片糕里の桂花香歯の頬に留芳は、まとわりつく。

老家での长くて歳月

下町両側で店舗の背後に、各1爿民家です。民家の大半が明・スタイルの建物の1階建て、奥に住んでいたのは大半が報われ以上のお年寄りだ。午后の日差しを熱烈に明るくして、座敷の裏にある洗濯屋が眉騒がれた小衫小ズボン、大きな花模様の布団は、年寄りたちがどれほどが连れて行って少し向かいあって泊强気なからだ。そして旧だそうだ。小路地ごとに1つの開かれた小さな人の邸内にグラグラのは老人寂しいかれんな姿を見ている。おじいさんは、これに座っていた石凳ドローひとしきりの长いタバコ、と老婆は古いの台所にかもしれない捣腾鍋茶碗かもしれないです,ささげるの緑のある屋根の下に座ってのご饭を食べるの物寂しかもしれない、と父仲间のいす話しこんでひとしきりの鸡零狗碎について柴米しようとして,だった。

老家に、それらが目のものが幅を利かしていない——これサビの斑点の多いブリキの小煤炉、老人にそれを使って加熱料理です;軒の下の手製小竹さんのいすに挿し込んスベスベ汎亮、椅子の足糸络数回あった。一見、揺れているつ方ではあるが、使うことができます;部屋の背もたれが竹籘椅子に座って上程へこむ状ほどほどに依存して、民主党内でん;古い家屋採光自体は良く、部屋の中をわずか1個の低い瓦数の电球が心血を注いできた地売ってる命、あの電球に揺られて长年た粗末な真鍮灯罩どの口にできるなら、外為(ウェファン)だった。

でも体が民家にしていて、氏の自宅庭から聞こえてくる音がふたつのクリーム乳息の音は、1対1の「イコール2,1 2イコールくらい?」「うん、うん……」「イコール3 !あなたのぼうっとしてうり!」おじいさんサヨナラ。

下町、静かに、かつを许します

私は好き南京東橋の細道を、そこに绿の空を、自然がますます酸素みたい人头はさめて越入退院;私も、一番好きな人の心をせざるを得ないのが南京人市内の敬香河路、沿道で気丈な杉と自信感を示したメタセコイアのだが、冬の时に私はたまに蝋のように満路(クリスマスランプの点灯さ奇抜です;私も好きにされているプチブルたちは一様に、1912なコンテントを楽しもうとするだけでなく、民国風の又西洋風があって、また静かにも鲜やかで、女の子がにくい。にではなく、南京、いちばん私は本当にこの高淳ときめくの下町——凱旋門が踏まれて光溜純亮、家々の店鋪を数回に渡って修复や门木で何度変えようとは大きく変わっていないといわんばかりに離党を「古い」の宿命、古いて余裕がなければ、古いカタログスペック、さようで古いも古いをしてあやまり正論だった。へと足を踏み出し高淳下町、百歩を尋ねにぎやかな市街地センターで、下町の人々はいったいどうするかは薄れてこそ、平衡老计上と物質時代の間の格差だったのだろうか。

夕方五六点の光景は、黄昏は十分に明るい下町から戸締りの終了をいため、加茂川組み込みされた亭主たちが家に帰って、どうせ鍵店は大半が群小商売がなければ、図のカタ老年時間に過ぎない、なぜ太にしません。老内に這入っから鍋茶碗対決のちりんと大きな音がして、外に出るとサトイモ煮の香りを感じ、いい香りきれいな碁だった。私にとって、下町行きは普通でないかもしれないとの1回ローミング;あまり、下町にとってみれば、私一人が多くないために、少ない僕一人も少なからず、凱旋門雨一流砂がなければ、私が一羽の足跡を残さない。いずれにしても今日は来ませんでした。いくら奇抜な棒に住む下町の人々、ばっかりだから、落ち着いていたかつ果敢なレイアップシュートを過ごすことができた喜乐、平凡な一日だった。

観光贴士:

1、南京中华门停留所であれ高淳の夜行バス、流水で発車し、10 ~ 15分、約1時間半に到着できる。

2、高淳県内の湖塘云があって、良質の水を高淳カニは固城湖カニの最の具で有名である。

3、下町店舗手作業で虎头鞋が知られており、価格もとてもリーズナブルだった。