最高の美人の秋、京城(キョンソン)诗の赏イチョウ

最高の美人の秋、京城(キョンソン)诗の赏イチョウ

春・夏・秋・冬にもそれぞれの美、晩秋の北京は最も味の第一歩、金灿灿の夕陽はあの雪でも落ちたイチョウの葉、ざわざわ鳴る。銀杏で世界で现存種子植物で最古の孑遗植物で、と呼ばれる「生きている化石」や「植物界のパンダ」だった。だから通りがかりの銀杏の隣に、きっとあなたの足を遅らせるかきいれ写したこの美しい一场面を见てみて。

北京の場合、多くのようなきれいな画面:夕日、银杏に散らばった、そしてかかげて駆けた人々で構成された佳画も、あなたは见る人美の目があって、あなたはいつでもどこでもこの诗のような景色を発見、早くを取り出して、あなたの手の中にあるする写真を撮る設備の記念撮影でしょう、キレイな秋がここにある。

市街地を問わずか郊外にでもある古銀杏であるが、それは京城(キョンソン)の秋がさらに増えていた見逃したくない。銀杏が多く街路樹と庭园の景観として、ぜひ見てほしい。

釣魚台銀杏道だ

他方では、焚き火の車で、一般的には静かに余裕のイチョウの森、という组み合わせて倒れても调和がとれています。目の金灿灿イチョウの葉叠落と一绪にいて、歩きが上にざわざわ鳴って、厩舎に素晴らしい。

診療公園

北京から診療公園西門に入ることができて、まっすぐ公園北が见られる衝撃のイチョウ大通りになりました。診療公園の銀杏大通りは北京最古のイチョウ大道だそうで、一部の銀杏建診療の时に植えた。

八大处

北京の瑞山(ソサン)の八大处も数株の古銀杏、2ヶ所霊光寺の佛牙塔から東南に一本の明代の古イチョウ、あちこちから「天国と寺大雄殿の前には二本)の古イチョウのほかに、6ヵ所香界寺の入り口を一本の明の西側の古イチョウ。

潭柘寺

植は辽代、既存のミレニアム樹齢、清朝の時1世代の新皇帝に即位したのがその木、根が登極が出てくる新幹があって、后に一本の、老干がひとつを踏まれて寺にプールの乾隆帝の御から「帝王の木」だ。

赤い螺寺

境内に懐柔レッド螺大雄殿の前のイチョウ、すでに1000年樹齢だった。二本の銀杏でいらしたそうで、雌の株の結果が花を咲かせ、雄(株が不協和音の結果を発表した。清朝の境内に僧侶は、「レッド螺寺院両イチョウ雌雄异株分物です。西雄が不協和音の結果、東雌いちじく実豊だった」と話した。